〜大切な愛犬が 心も体も 元気で過ごせるように〜                              千葉県にて活動しているバランス・ドッグマッサージとハーブケア「Dear Dog」の日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姿勢
2007年04月18日 (水) | 編集 |
姿勢と心(気持ち)って影響しているし、繋がっていますね


姿勢が悪いと何かだらだらと集中力がなくなったり
体が前に傾いてる時って何かに夢中になってたりします
例えばスポーツ観戦。熱くなるほど前に乗り出してしまいませんか?

逆に
ドキドキ緊張している時、
体の動きまでカチコチになったり、
怖~いおばけ屋敷では
先へなかなか足が進まない・・・
なんて経験はありますよね?^^

そんな時のドキドキさんには
体を楽~に力を抜いたり優しいタッチで触れることで
緊張がほぐれたりするし、
おばけ屋敷(笑)では、
後ずさり気味よりまっすぐ立っているほうが
前に進もうかな~という気持になったりします。


ワンちゃんも同じです


様子をよ~く観察していると、
同じように気持が姿勢に表れています。

例えば、
何か目の前にあるものに向かって激しく吠えている時、
前のめりになっていたりします。
吠えるたびに後ろ足がぴょんぴょんと
地面から離れていることもあります。
耳に注目してみると
耳も前にピーン!と前へ傾いていたりもします。
気持が前にいっているように
無意識に体が前へ前へと傾いているのです。

本来の犬の正しい姿勢は
4つ足がしっかり地面にまっすぐに着いていて、
体には力が入らずに、
地球の中心に向かってスタッと立っている。
耳も立ち耳のコではピンと上へ立っています。



バランス・ドッグマッサージでは
先ほどのような前傾姿勢のコに本来の正しい姿勢を
教えてあげることができます。
すると、だんだんと気持が落ち着いてきます。
呼吸もゆっくりになって
自分を失わずに過ごせるようになっていきます。



教えてあげるというのは、
私達の直接の手で合図を送ってあげたり、
アイテムを使って合図を送ったり、
ボディラップ(伸縮性の布)を胴体に巻いてあげたり、
耳の向きを本来の位置へもどしてあげたり、
あるいはしっぽが興奮して上がっているようならば
力の抜けた時に本来ある場所へゆっくりともどしてあげる、
・・・等です。


このように、
心と体は密接に繋がっていて、
お互いにバランスが取れている姿こそが
その子の本来の状態なのです。


姿勢ってとっても大事ですね!


=我が家の愛良の場合=

お外のいろんなものが気になって、
それぞれに理由があって、その時よく吠えています。
体はもう平行四辺形のように前のめり。。
そこで、
胸に手で合図を送ってあげると
わけわからなくって歯があたる・・・のは困るので
アイテムを使って合図を送ってあげています。

バランスリード1


ハーネスとリードです。
このハーネスは一般的なハーネスとは違うところがあって、
肩だけでなく胸の前にも布テープが通っていて、
両足のつけねあたりに円い金具がついています。
ここに両側にナスカンのついた専用リードを左右につけるか、
又は背中の上にあるフックに1箇所、
首に1箇所ナスカンを掛けると、
犬に合図を送ることができます。
正しい姿勢を促せたら、リードは必ず緩めてあげます。

愛良にはこの方法(バランスリード)が
あっているようです。
だんだんと落ち着いていき、
何かやってきても落ち着いていられることが
自分でもわかってきた様子です。
先日、集団予防接種に集合場所まで出かけてきたのですが、
通常の状態のリードで緩めてあげるだけでも
ふぅ~っとゆったりした気分で
持って行ってくることができました


そんな様子にこちらをふぅ~とリラックスしてくる♪
そしてまた、その気持がリードを通して犬にも伝わって
犬も穏やかな気持になるのでしょうね
飼い主の心とわんこの心はつながっているんだな~と
私自身も日々実感しています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
愛良ちゃん、バランスリードの効果出ているんですね!
我が家も前傾姿勢わんこなので(汗)通常のリードよりもこちらの方が合っているみたいです。首にもつければ方向の合図、ボディには姿勢の合図などなどいろんな合図が送れますねー。最初はとまどったけれど、だんだんなじんできました♪
2007/04/18(Wed) 03:24 | URL  | イヌマド #6Y6umJBM[ 編集]
*イヌマドさん*

記念すべき、初のコメント♪ありがとうございます〜!
イヌマド家の姫もこのリードがあっているのですねe-343
重心が下で、馬力?もあり、手で合図が伝わりにくかったので、この方法はすごく伝えやすいと思いましたe-278
首にかかるリードの方の手で方向を促してあげて、ハーネスにかかるリードで合図を送ってあげて、姿勢が整ったところでリードを緩めてあげます。
本犬自身も、違和感なく装着してるし、すごい引っ張りの力に対して、無理ない力で正してあげられるのでお互いにとって優しい方法ですねe-51
2007/04/18(Wed) 15:00 | URL  | nao@Dear Dog #pS0DVyys[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。